従業員満足度調査の目的【満足を上昇さえることで売り上げが伸びる】

Menu

収益向上のための営業

オフィス

契約を取るための努力

商社や販売会社が契約を取ることは収益拡大につながります。営業は契約という収益性を左右する重要な橋渡し役となります。ここからは車を販売する営業を例に挙げて説明してみましょう。新車を販売するディーラーには営業マンが配置されています。各営業マンには数字が持たされています。ここで言う数字とは販売目標額で、これをクリアすることで営業所全体の目標をもクリアし、自社の増収益にもつながります。逆に、持たされた数字が取れなければ、営業としての役割は果たせず、収益性を損ないます。営業マンが取る契約は自分と会社の運命をも左右します。販売すぐ側に対して消費者がいます。契約はユーザーにペースがあります。ある意味、消費者はわがままで、自分の欲を手に入れるために無理難題を営業マンにぶつけるでしょう。交渉の末に契約が取れればよいのですが、契約が取れなければ経費倒れとなります。そこで、営業のコツを身に着けることが大事です。営業のコツとは、契約がスムーズに運ぶようなリソースや手段を使うことです。営業のコツとして第一条件は、ターゲット的確に探すことです。そもそも、購入が不可能な人に熱心になっても仕方がないです。販売する車を購入できる人を探すことです。ターゲットを決めたら、頻繁に足を運びましょう。何度も会い、交渉を続けることで、対手への印象を深めることとなります。相手の気持ちに立って交渉に応じ、相手の心を探ります。購入可能な人に適切にアプローチできるかが営業のコツとなります。