従業員満足度調査の目的【満足を上昇さえることで売り上げが伸びる】

Menu

やる気を向上させる制度

男性と女性

やる気の低下はしかたない

入社して、数年たつと仕事にも慣れ、だんだんと日常業務がマンネリ化し、入社した当初のようにモチベーションを保つのは難しいです。モチベーションが低下する人が大多数を占めます。しかし、一般的にそうだからと言って、このモチベーションの低下を会社の経営陣は放っておくことはできません。なぜなら、それは生産性の低下、創造性の低下につながり、会社の損失となるからです。その為、各企業ではこのモチベーションを維持、向上する施策が施されています。例えば、各社員が希望する部署への異動を募集するという社内公募制度というのがあります。これは、簡単に言えば、社内向けの求人票を社員が見れ、応募できるというものです。定期異動では、部門長等の話し合いなどで異動が決まりますが、ある企業のこの制度では、求人を出した部署の部門長と人事部主導で異動を決める事できるというものです。これにより、応募した社員の直属の上司は関わることがないので、応募した部署へ異動しやすくなります。ただし、この制度では、求人を募集した部門でも人の選別は行いますので、応募する際に応募資格があります。例えば、TOEICが何点以上であることといった事や、資格などです。この制度により、現職場への不満などでモチベーションが低下していた社員も、新たな環境で働け、しかも自分が希望した部署で働けるので、モチベーションが向上することになります。会社側としても、離職を防げるといったメリットがあります。