従業員満足度調査の目的【満足を上昇さえることで売り上げが伸びる】

Menu

従業員満足度と顧客満足度

女の人

調査のタイムラグを分析

最近は、顧客満足度調査と同時に従業員満足度調査を行う企業が増えてきました。従業員満足度は顧客満足度を密接な関係にあり、従業員満足度を伸ばすことは業績の上昇にも繋がります。従業員満足度調査と顧客満足度調査を定期的に行う意味は、労働環境を充実させて売り上げを伸ばしていくことを目的としているからです。顧客満足度は、従業員満足度に比例すると言われていますが、同時期の調査結果でその基準に合致しない場合もあります。それは、社内環境の変化による従業員満足度と顧客満足度のタイムラグと言える状態です。顧客満足度調査で高い値を出した企業が、従業員満足度調査では思わしくない結果が出ることもあります。また、その逆のパターンも存在します。この状態は、従業員満足度が顧客満足度に反映されていないというよりも、そこに時間差が生じている典型的な事例です。顧客満足度調査で良い結果が出ても、従業員満足度調査の結果が前回調査よりも思わしくない場合、顧客満足度も今後下がっていく危険性をはらんでいます。また、従業員満足度が上昇しても、顧客満足度に影響するのは時間が掛かるものです。各調査は、この点を鑑みて、今後の対策を講じていくことが求められます。従業員満足度、顧客満足度のそれぞれの調査を定期的に行うことは、将来のバランスを観るバローにもなります。各調査は、回を重ねるごとに正当な数値をはじき出すことになります。調査の結果に更なる分析を加え、社内環境の改善を図ることが重要になってきます。