従業員満足度調査の目的【満足を上昇さえることで売り上げが伸びる】

Menu

外国人の求めることは

旅行者

普段の生活とどう違うか

近年外国人の訪日観光客の増加は目覚ましく、2020年の東京オリンピックまでには現在の集客数の約2倍を目指しており、今後さらに増加していく見通しで、インバウンド需要にもさらに貢献していくと思われています。一方訪日観光客が増えることでジェネレーションギャップによる問題も生じています。まず言葉の壁です。訪日する観光客は英語圏や中国語圏のみならず、多岐に渡りますが、外国人の多様さに施設や店舗が追い付かず、意思疎通が困難になっていることが多いのです。これらは今後トリクルダウンしていくであろう地方に行くほど多く、インバウンド需要を取り入れる意味でも早急な対策が必要でしょう。第二に公共WiFiの施設整備です。訪日外国人も観光する際はスマホを片手に口コミを頼りに人気店を探します。その際無料のWiFiスポットが少なければ、施設や店舗に到着することも困難でしょう。特に車社会の先進国では無料のWiFiスポットが多く存在するのでこれらも今後は積極的に設置していく必要があります。第三に決済手段の多様化です。現在最もインバウンド需要に貢献している訪日外国人は中国人ですが、中国ではアリペイを始めキャッシュレスの決済システムが普及しており、中国人は観光先でも買い物をする場合はそれらを使おうとします。しかし日本は長らくの現金信仰が根付いており、中国に比べ決済システムの多様化は進んでいません。今後見込めるインバウンド需要に対応する為、決済システムの多様化は避けては通れないでしょう。